話 題
言わせて聞かせて『声』ロゴ
 
言わせて聞かせて YOUR VOICE
▼『声』385号▼
●名張市、男性

「土葬」を市条例で禁止に
 〒…名張市の新しい斎場が滝之原に完成したとのこと、ご同慶の至りである。
  小生、大阪よりこの伊賀の地に引っ越してはや20数年になるが、異なる習慣に戸惑うことは多いものの、一番驚き苦痛だったのは葬式である。旧農村部の一画に住宅を設けたため、地元住民の隣組に入ったが、いまだ土葬が全盛だとは知らなかった。
  「山行きさん」と称する当番が廻ってくると、三人1組で墓穴掘り作業に駆り出される。なるほど狭い血縁社会で暮らす人たちにとっては、血縁のまた幼い頃から見知っていた人たちの埋葬作業ともなればいとおしさもこみ上げよう。
  しかし、こちらは赤の他人であり、一区画一坪足らずの狭い墓地では近年の埋葬者の棺、骨などが出てくる場合が多く、正直言って気味悪いし、非衛生でもある。また、寝棺のサイズで作業者が立って首のあたりまでの深さを掘るだけにその作業量も大変で、老人や虚弱な人には不向きである。
  小生の故郷は中国地方の山間部であり、人口が二万足らずの小市と周辺の数町から成り立つ過疎の地であるが、土葬はもはや30年以上前から根絶状態にあり、葬式への対応も当地よりはるかに合理的である。
  理由の一つが衛生問題にあることは言うまでもない。当地でも墓地の大半は山すその辺りにあり、その山は水源涵養林にもなっているだろうし、人口が比較的稠密(ちょうみつ)な当地において衛生的な見地から土葬が望ましくないことは、いうまでもないだろう。
  土葬にこだわる人たちがいるのは体験上分かるが、ここは一つ市条例か、なにかで禁止してもらう訳にはいかないのだろうか。近年、引っ越してきた人たちが隣組に入ろうとしないのは、この葬式が大きく影響しているのは否めないと思う。

規制加えるのは法律違反 実施方法は地区でご相談
  〈名張市役所生活環境室より回答〉 今回のご意見は、市内のある地域における葬儀の風習にお困りのなかで、「土葬」に対する何らかの法規制ができないかとの趣旨ですが、これらに関する国の法律として、「墓地、埋葬等に関する法律」があります。
  この法律の中で、「埋葬」いわゆる死体を土に葬ることを規定しており、法律上「土葬」することを定めています。
  従いまして、国の法律で定められている「土葬」について、市条例等の下位法令により規制を加えることは法令違反となりできないこととなっていますのでご理解ください。
  なお、近年の葬儀の状況として、旧村落を含め火葬が増加してきており、お住まいの地域においても近い将来そういった方向へ移行するのではないかとも思われますが、ご意見の葬儀習慣につきましては、それぞれ地域の取り決めにより実施されているものでもありますので、今後の葬儀の実施方法などについては、地区の方々でよくご相談されてみてはいかがでしょうか。
BACK

●上野市、女性

結婚式のビデオ ご存知ありませんか?
  〒…2月7日に青山町のパラデュー夢で結婚式を挙げました。その時に式と披露宴のビデオを友人に頼んで撮ってもらっていました。
  しかし、披露宴が終わってみると、ビデオのキャリーバックがなくなっていました。黒のデジタルビデオ用のバックで、中にはバッテリー、ケーブル、説明書、リモコン、そして何より録画済のテープが入っていたのです。
  誰かが間違って持って帰ったのかと、2か月間連絡を待ちましたが、誰も間違えていず……。上野と名張、久居などの警察署にも問い合わせたのですが、ありませんでした。
  どなたか間違えて持ち帰った方、どこかに置いてあるのを見かけた方はいませんでしょうか。
  一度は諦(あきら)めたものの、やはり人生の一大イベント。色々あってやっと結婚できた大事な日のビデオです。何とかして、手元に置いておきたいのです。
  ご存知の方はパラデュー夢(TEL0595・52・0968)まで至急連絡下さい。よろしくお願いします。
BACK

上野市、男性

「秘蔵のくに 伊賀の蔵びらき」HPの掲示板はなぜなくなったの?
 〒…「生誕360年 芭蕉さんがゆく 秘蔵のくに 伊賀の蔵びらき」の事業推進委員会事務局と伊賀びと委員会2004の方々にお尋ねしたいことがあります。
  同事業を紹介するホームページがありますが、その中の掲示板が2月中旬から「市民の方々からたくさんのご提案をいただき、その書き込みに対応したり、また、伊賀びと委員会の委員それぞれが活発に自身担当業務の進捗状況を報告したり、思うところを自由に書き込むなどを想定していましたが、準備と周知の不足からそのような広がった展開ができませんでした。大変申し訳ございませんが、掲示板は当分の間停止させていただきます」とありました。
  当分の間とはいつまでなのか、再開するのか、しないのか、オープニングを目前に控え、市民の一人として一体どうなっているのかと気を揉んでいたところ、先日、県のサイトから同ページへアクセスしたら、停止中の掲示板が無くなっていました。
  想定したことと異なる事態だったのかもしれませんが、なぜ無くなってしまったのでしようか。その意図が見えず、公式ホームページとしても、説明が不足しているのではないでしょうか。ご回答をお願いします。

種々発生する問題に対応する体制とれないため
 〈2004伊賀びと委員会より回答〉 平素は、「生誕360年 芭蕉さんがゆく 秘蔵のくに 伊賀の蔵びらき」事業にご理解、ご協力を頂きありがとうございます。いよいよ5月16日のオープニングまで1か月をきり、事業参加者をはじめ委員一同、日夜準備に取り組んでいるところです。
  ご指摘の件につきましては、説明が不足しており申し訳ございませんでした。掲示板につきましては、再開を目指しておりましたが、委員会として種々発生する問題に対応する体制がとれないとの結論に達し、停止に至ったしだいです。
  今後のホームページにつきましては、みなさまのご意見をお聴きするページのリニューアル、多くの事業を分りやすくお伝えするための内容の充実や、事業の透明性を図るため各種委員会の会議録の公開を考えております。
  今後とも本事業に対するご意見をお寄せいただきますよう、よろしくお願いいたします
BACK
Copyright(c)2003 YOU Co.,Ltd. ALL right reserved.