現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の 【伊賀・名張】街頭犯罪等発生マップ の中の 2017年3月アーカイブ のページです。

2017年3月20日

伊賀署 侵入盗、乗り物盗が相次ぐ

 2月中の伊賀警察署管内における犯罪の発生認知件数は52件で、前月と比べて17件増加しました。

 空き巣や忍び込みといった「侵入盗」やオートバイや自転車などが盗まれる「乗り物盗」の発生が目立ちました。

 少しの時間でも留守にする場合や、乗り物から離れる場合は、確実に施錠をしてください。また、自転車をとめる際には、ツーロックに心がけてください。

 次に、振り込め詐欺を始めとした「特殊詐欺」についてです。

 2月末現在、伊賀署管内における特殊詐欺被害の届け出はありませんが、伊賀市内でも

 ▼犯人が警察官や息子などを騙る「オレオレ詐欺」
 ▼有料動画の視聴料金が未払いだと騙す「架空請求詐欺」

などの不審な電話が頻繁にかかっています。

 このような電話は「詐欺」ですので、絶対に騙されないでください。被害に遭われた方の多くは「まさか自分が騙されるとは思わなかった」と言われます。

 他人事と思わず、不審な電話がかかってきたら、一人で判断せずに、家族やご近所に相談する、あるいは警察に通報してください。

>>続きを読む

名張署 認知件数が減少

 2月の名張警察署管内の刑法犯認知件数は19件で、前月と比べて2件減少しました。

 数字上では刑法犯認知件数が減少していますが、罪種別では自転車盗が3件発生している他、万引きにあっても6件発生するなど、予断を許さない状況と言えます。

 万引きは窃盗の罪にあたり、10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

 店舗で働かれている方は店舗の死角を無くし、お客様に対する声掛けを推進し、万引き被害防止に努めて下さい。

>>続きを読む

このページの先頭へ戻る