現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の 【伊賀・名張】街頭犯罪等発生マップ の中の 地域 の中の 犯罪は減少傾向  のページです。

地域 犯罪は減少傾向 

名張署, 地域 更新日時:2013年2月20日

2011年1月中の名張警察署管内の刑法犯認知件数は、46件で、昨年の同時期に比べて、5件減少しました。

罪種別においても、増加傾向にある犯罪はありません。

1月中の犯罪発生状況は、自動車盗2件(前年比-1件)、車上狙い6件(同-2件)、オートバイ盗1件(同±0件)、自転車盗6件(同-1件)、部品狙い1件(同-2件)、万引き5件(同-1件)です。

1月中、全般的に減少傾向を示していますが、例年、春以降、各種犯罪が増加する傾向にあります。
今後、犯罪を増加させないためにも、▼「空き巣・忍び込み」の対策として、出入り口、窓等の確実な施錠の実施▼自動車関連犯罪対策として、エンジンキーを抜くとともに確実な施錠の実施と短時間であっても貴重品を車内に置き去りにしない▼オートバイ盗対策として、エンジンキーを抜き、ハンドルロックの励行をすることが重要です。
地図で見る街頭犯罪発生状況
2013.-02_nabari_02.jpg
種別表
罪種 件数(前月比) 地図上の記号
空き巣・忍込み 0(±0)
自動車盗 2(+2)
車上ねらい 6(+4)
部品ねらい 1(+1)
オートバイ盗 1(-1)
自転車盗 6(-2)
万引き 5(+1) -
自販機ねらい 0(±0) -
21(+1) -

(地域調べ)
※件数はすべて暫定値です。

このページの先頭へ戻る