現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の 【伊賀・名張】街頭犯罪等発生マップ の中の 地域 の中の 名張署 の中の 空き巣忍び込みが多発 のページです。

名張署 空き巣忍び込みが多発

名張署 更新日時:2012年9月17日

 8月中、名張警察署管内で多発した街頭犯罪は、空き巣・忍び込み6件、自転車盗5件です。泥棒被害に遭わないために、次のことに注意してください。
地図で見る街頭犯罪発生状況
名張署2012-9_03.jpg
種別表
罪種 件数(前月比) 地図上の記号
空き巣・忍込み 6(+4)
自動車盗 0(-4)
車上ねらい 1(-4)
部品ねらい 0(-1)
オートバイ盗 3(+3)
自転車盗 5(-4)
万引き 8(-3) -
自販機ねらい 2(+2) -
25(-7) -

(名張署調べ)
※件数はすべて暫定値です。

【その他備考】

▼施錠を確実にしてください。ゴミ出しや買い物など、短時間の外出でも施錠するようにしてください。
▼合鍵を置いておかないでください。合鍵を郵便ポストや植木鉢の下などに置かないようにして下さい。
▼足場になるものは片付けてください。脚立やポリバケツは、泥棒が侵入するための足場となります。庭に足場になるようなものはないか確認をしてください。
▼新聞を溜めないようにしてください。新聞が溜まっていると「留守宅である」と泥棒にわかってしまいます。長期間留守にする時は、新聞の配達をやめてもらうよう依頼をしてください。
▼防犯設備による対策も考えてみましょう。玄関ドアに補助錠を付ける、窓ガラスを「防犯ガラス」に交換したり、防犯フィルムを貼ったりして破壊しにくくする。センサーライトや警報ブザーを設置する。

 また、自転車盗被害に遭わないために次のことに注意してください。

▼わずかな時間でも必ず鍵をかける
▼備え付け錠のほか、補助錠(ワイヤー錠、チェーン錠)でツーロックする
▼自宅や学校でも油断せず、しっかり錠をかける
▼路上に止めず、明るく監視が行き届いた駐輪場を利用する

このページの先頭へ戻る