現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の 【伊賀・名張】街頭犯罪等発生マップ の中の 地域 の中の 伊賀署 の中の オートバイ盗が微増するも街頭犯罪などは減少傾向 のページです。

伊賀署 オートバイ盗が微増するも街頭犯罪などは減少傾向

伊賀署 更新日時:2012年9月17日

 8月中における伊賀警察署管内の刑法犯罪認知総件数は59件で、前年の同じ時期に比べ、オートバイ盗が1件増加したものの、空き巣、忍び込み、自動車盗、車上ねらい、自転車盗、部品ねらい、万引きの7罪種などが減少したことにより、合計60件の減少となっています。

 8月の主な犯罪発生状況は、空き巣が1件、自動車盗が1件、車上ねらい(車に積んであるかばんなどを盗んでいくもの)が6件、オートバイ盗が2件、自転車盗9件、万引きが5件でした。

地図で見る街頭犯罪発生状況
伊賀署2012-9_03.jpg
種別表
罪種 件数(前月比) 地図上の記号
空き巣・忍込み 1(-1)
自動車盗 1(-3)
車上ねらい 6(±0)
部品ねらい 0(-1)
オートバイ盗 2(±0)
自転車盗 9(+5)
万引き 5(-2) -
自販機ねらい 0(±0) -
24(-2) -

(伊賀署調べ)
※件数はすべて暫定値です。

【その他備考】

 発生件数が多い自転車盗については、これまでと同様に、被害者の大半が中学生、高校生で、その半数が鍵をかけずに被害に遭っている状況が続いています。

 治安状況は着実に改善していきますが、犯罪被害に遭わないために次のことに注意してください。

▼短時間でも家を留守にするときは、必ず戸締りをする
▼車から離れるときは、必ずエンジンキーを抜いてロックするとともに、かばんや貴重品などを車内に置かない
▼オートバイをとめる時は、必ずキーを抜いてハンドルロックをする
▼自転車をとめる時は、必ず二重ロックをする
▼極端な肌の露出を避け、暗い夜道の独り歩きは避ける

 また、愛知県、広島県と女児の連れ去り事件合が相次ぎ、四日市市では身代金目的による女子高生連れ回し事件が発生しています。

 県内では不審者による声掛け事案も続発しており、伊賀警察署管内でも連れ去り事件の発生が危惧される状況にあります。

 知らない人には絶対について行かないことはもちろん、身の危険を感じたら防犯ベルを鳴らし、すぐに走って逃げ、大声で助けを求めるよう子どもたちに機会があるごとに指導してください。

 その他の認知状況は器物損壊2件、色情ねらい1件、職場ねらい1件、事務所荒らし1件、置き引き2件、非侵入窃盗12件です。

このページの先頭へ戻る