YOUが送るオンライン読み物「シアワセを感じる100歩」

「大人ぶる」を楽しむ

97.jpg
 夕方外に出ると、下校中の小学生の会話が聞こえた。
「オレ昨日、大人なことしたわ!」
  大人なこと? 思わず聞き耳を立てた。
「エアコンとパソコンとテレビつけてマンガ見てゲームやってアイス食べた~!」
「スゲーな!」
  こらこら。その大人イメージは如何なものか。いや。逆に鋭い、のか?


 大人ぶった経験は私にもある。
「私たち今日から学生よね!」
 小学生になった私は、友人と共に卒園したての幼稚園を訪ねる計画をたてた。
 ランドセルを背負って颯爽と年長の部屋へ。
 先生は、お絵かき中の園児たちに私たちを紹介した後「あなたたちもお絵かきしない?」と言った。
 お絵かき? 私は耳を疑った。
 それは園児がすることだ。
 断ろう。
 ところが友人は嬉々として画用紙を貰っている。
 仕方ない。
 それなら大人の絵を描くまでだ。
 私は気持ちを切り替えた。
 大人というと......滝だ。滝しかない! 白のクレヨンにグレーを混ぜ、細い線を重ねる。
 そうして見事な滝を描き切った。
 友人の絵をほめていた先生が、私の絵を見た。
「まあ!」
 どうだ! この大人っぷり!得意満面で先生の感想を待つ。
 先生は探るように言った。
「これは......うどん?」
 衝撃のせいか、この後の記憶はない。

 今、私は大人である。
 滝のイメージの大人かといえば、どう考えても私はうどん。
 あれは先生の予言、だったんだな。

「大人ぶる」を楽しむのトップへ戻る
シアワセ感じる100歩のトップページに戻る

コメントする

執筆者・坪田多佳子プロフィール

1963年東京生まれ。ライター、小論文及び国語科専門プロ家庭教師。
「シアワセ感じる100歩。」は、2007年4月から2009年3月、朝日新聞の姉妹紙「RAKU(楽)」に掲載し、好評を得た。現在は「YOUよっかいち」の紙面と伊賀タウン情報YOUホームページで連載中。
日常生活で見つけた小さなシアワセをテーマに「~を楽しむ。」と題して1か月に1歩ずつ歩み続け、「100歩。」達成を目指す。
YOU紙面へはピンクリボンの記事も出稿。
趣味は読書、料理、英会話。インターネット上で、日本マニアの外国人に日本語を教えたりもしている。
家族は夫、息子、娘。松阪市在住。