YOUが送るオンライン読み物「シアワセを感じる100歩」

「質問する」を楽しむ。

86.jpg
21歳のアメリカ人J君の夢は「日本で寿司職人になるこ
と」である。
 そのため、日本語学習、日本食研究など準備に余念がない。
「寿司職人になるには他に何をすればいい?」と聞くので
「その恰好を何とかする」と即答した。
 彼の髪は巨大綿菓子のようだし、口の下にはピアスが複数刺さっているのだ。
「これ、寿司職人に不向き?どんな風に?何で?」彼の質問は難しい。

 タイ料理店で働くJ君が、日本語学習を始めたのはほんの半年前。
 独学だがもう簡単な会話が出来る。
 疑問を持っては質問し、説明するたびに「面白~い!」と感激するJ君に、学ぶことの意味を改めて考えさせられている。

 今日の質問は「例文に、『男:ボクふられちゃったんだ』『女:えっ?』というのがあった。この
『えっ?』は『えー』と答えた場合とどう違う?」というもの。
「言い方にもよるけど、前者は驚いた時かなあ。後者は残念だね、と言いたい時とか」
「『えっ?』は驚きか。何で驚いたんだろう」と、彼。
「僕のことが気になるのかなあ」
「例文の話じゃないの?」
「例文と似た状況で、日本人の女の子に『えっ?』と言われた。彼女、よく驚くんだ」
「会話は英語?」
「うん」
 それは英語が聞き取れなかっただけ、なんて無粋なことは言うまい。
「僕、日本人と結婚するかも~!」
 確かな答えは自力で見つけていただこう。

「質問する」を楽しむ。のトップへ戻る
シアワセ感じる100歩のトップページに戻る

コメントする

執筆者・坪田多佳子プロフィール

1963年東京生まれ。ライター、小論文及び国語科専門プロ家庭教師。
「シアワセ感じる100歩。」は、2007年4月から2009年3月、朝日新聞の姉妹紙「RAKU(楽)」に掲載し、好評を得た。現在は「YOUよっかいち」の紙面と伊賀タウン情報YOUホームページで連載中。
日常生活で見つけた小さなシアワセをテーマに「~を楽しむ。」と題して1か月に1歩ずつ歩み続け、「100歩。」達成を目指す。
YOU紙面へはピンクリボンの記事も出稿。
趣味は読書、料理、英会話。インターネット上で、日本マニアの外国人に日本語を教えたりもしている。
家族は夫、息子、娘。松阪市在住。