YOUが送るオンライン読み物「シアワセを感じる100歩」

「観る」を楽しむ。

81.jpg
 (また、やられた......)新聞を取りに外に出ると、門の周りが鳥のフンまみれだった。
 掃除は手間だ。
 だが、実を取られるのはそれほど残念ではない。
 クロガネモチの根本に子どもの木があるからだ。30センチほどのそれを、私はミニと名付けた。
 小さいながらも赤い実をたわわにつけていて、窓越しに観ても可愛い。
 背が低いので、野鳥にも見つからない。

 ところがある日、とんでもない誤りに気付いた。
 ミニの葉の形が親の葉と違うのだ。
 クロガネモチと思い込んでいたが、これは万両だ! でも万両を植えた覚えはない。
 夫に聞くと「そりゃ、鳥のフンから発芽したんだ!」
 いきなり鳥のエサを買ってきて、クロガネモチの下のテーブルに置いた。
 「万両のお礼?」
 「いや、野鳥観察の仕掛け」
 ちょっと面白そう。

 翌朝。玄関を開けると、野鳥が地面から勢いよく飛び立った。
 地面?ってことは......ミニの実が食われてる!
 エサにひかれてミニを見つけたか!
 野鳥を観る気も失せた。
 しかし考えてみると、実が赤いのは人を喜ばせるためじゃなく、鳥を誘うため。
  種を運んでもらって子孫を残す。
 人間なんて部外者だ。
 ......さて、今日もたっぷりの置き土産。仕方ない、掃除役に徹するか。

「観る」を楽しむ。のトップへ戻る
シアワセ感じる100歩のトップページに戻る

コメントする

執筆者・坪田多佳子プロフィール

1963年東京生まれ。ライター、小論文及び国語科専門プロ家庭教師。
「シアワセ感じる100歩。」は、2007年4月から2009年3月、朝日新聞の姉妹紙「RAKU(楽)」に掲載し、好評を得た。現在は「YOUよっかいち」の紙面と伊賀タウン情報YOUホームページで連載中。
日常生活で見つけた小さなシアワセをテーマに「~を楽しむ。」と題して1か月に1歩ずつ歩み続け、「100歩。」達成を目指す。
YOU紙面へはピンクリボンの記事も出稿。
趣味は読書、料理、英会話。インターネット上で、日本マニアの外国人に日本語を教えたりもしている。
家族は夫、息子、娘。松阪市在住。