YOUが送るオンライン読み物「シアワセを感じる100歩」

「はまる」を楽しむ。

72.jpg
何かにはまる、夢中になる。
 その何かは大抵、ある程度興味があるもののはず。
 しかし私はこのところ、自分の好みからは程遠い少年漫画にはまっている。
 グロテスクな絵に恐ろしげな擬音。
「無駄無駄無駄無駄ァ!!」など、奇怪な雄叫び満載の「ジョ ジョの奇妙な冒険」である。
 ジョジョファンの息子や生徒の強い薦めに乗って何となく読み 始めたのだが、奇想天外な物語に引き込まれ、文庫版30巻分を読了。

 ジョジョをもっと知りたくてネットを探すと、世界的なブランド、グッチとジョジョのコラボ企画を見つけた。
 色鮮やかなジョジョのイラストが、グッチの店頭を飾った写真。
 この漫画はエレガントにも変貌できるのか。
 好きではなかったはずの絵に見惚れた。
 予想外の所にも夢中になれるものはある。
 食わず嫌いは損なのだ、と思った。

 そんなわけで生徒とも、ファンの絆を結びつつあるのだが、古文の指導に入った途端、彼の気が抜ける。
 そこで古文単語「いたづらなり」を指し、注意喚起することに。
 この古語は「無駄だ」という意味なのだ。「無駄無駄無駄ァ~!」と言ってみたら、彼は即座に暗記した。
 でも、まさか......
「君、テストの答えをそのとおりに......」
「書きませんよっ!」
 ......良かった。
 これを機に、彼が古文にはまってくれることを願う。

「はまる」を楽しむ。のトップへ戻る
シアワセ感じる100歩のトップページに戻る

コメントする

執筆者・坪田多佳子プロフィール

1963年東京生まれ。ライター、小論文及び国語科専門プロ家庭教師。
「シアワセ感じる100歩。」は、2007年4月から2009年3月、朝日新聞の姉妹紙「RAKU(楽)」に掲載し、好評を得た。現在は「YOUよっかいち」の紙面と伊賀タウン情報YOUホームページで連載中。
日常生活で見つけた小さなシアワセをテーマに「~を楽しむ。」と題して1か月に1歩ずつ歩み続け、「100歩。」達成を目指す。
YOU紙面へはピンクリボンの記事も出稿。
趣味は読書、料理、英会話。インターネット上で、日本マニアの外国人に日本語を教えたりもしている。
家族は夫、息子、娘。松阪市在住。