YOUが送るオンライン読み物「シアワセを感じる100歩」

「分かる」を楽しむ。

39.jpg「絶対うまくいくはずないって。あのカップル!」と、バイリンガルの友人Hが息巻いている。
イギリス人の友人と、その日本人のガールフレンドについてのコメントのようだ。
一体、Hは何が気に入らないのか。
「そりゃ、初めは彼らを応援しようと思ったさ。だけどもう限界だね。オレを通訳として使いすぎる!」
 だんだん話が見えてきた。
 どうもそのカップルには言葉の壁があり、自分たちのデートの最中、Hの携帯に電話をしてきたという。
「何でオレが、愛のささやきまで訳さなきゃいけないんだよっ!」
 ご立腹はもっともである。

「......とまあ、Hは言うわけよ。『相手の言うことも分からないで何が恋人だ!』って」。
 私はその話を言語に詳しいSに向けてみた。
 Sはフフっと笑い、「そうだね。分かろうと努力しなくちゃ、何も分からないよね」。
 確かにそれは、どんなカップルにも言えることだろう。
「私の周りにも似たような人たちがいるわ」とS。
「彼らは努力してるし、すごくいい雰囲気」。
 同じくイギリス人男性と日本人女性のカップルだそうだ。
「だけど......」
 だけど?
「やっぱりお互いに何を話しているか、はっきりとは分かってないみたいよ」。

不思議だ。
 そんな2人にどうやって愛が芽生えたのか。
「大丈夫なの? 彼ら」。
「何とかなるでしょ。それにね」と、Sは続けた。
「逆に分からないほうがいいってことも、あるんじゃない?」
......Sはときどき意味深いことを言う。
「分かろうと努める。分からないでもよしとする」
 Sの言葉を受け、我が身を振り返ってみた。
 
少し前のことだ。
「お話中、ちょっといい?」と、娘が夫と私の会話を遮った。
「お父さんとお母さんの話、どこでどう噛み合って進んじゃってるのかなあ」と言う。
「2人とも、まったく別の話をしてるんだけど、気づいてる?」
 別の話?
「お父さんが言ってるのはマングローブ。森だよね」。
 え?
「お母さんの頭にあるのはマングースでしょ? それ、動物」。
 ああそうか......。
 長いこと夫婦でいると、相槌の打ち方も適当になるようだ。
 夫とは興味の対象が異なることが多いが、やはり受け答えくらいきちんとしよう。
「分かろうと努める」。
 これだ。
 私はそれを心に刻むことにした。
 ......はずだった。
 
「宇宙かあ。技術の革新は目覚しいんだろうね」。
 宇宙にはあまり興味はないが、そんな風に答えつつ、夫の話を聞いていた。
 彼は新聞を読みながら、話を続けている。
 私は(地球に戻ってきておいしそうにりんごを食べていたな、野口さん)などと思う。
「信じられないよな、あんなに長いこと宇宙にいたなんて」と、夫。
「そうだよねえ、長いわー」。
「なんたって、7年ぶりだぞ」。
「うそ? 7年も宇宙にいたの? 野口さん?」
「......野口さんじゃなくて、探査機『はやぶさ』だ」
 
結局今日も、いい加減な会話が進んでいた模様だ。
 夫は呆れたように私を見て言った。
「野口さんは半年だ。7年いたら歳とりすぎて、さすがにまずいだろ?」
......彼の発言の真意は、「分からなくてもよし」としたい。

「分かる」を楽しむ。のトップへ戻る
シアワセ感じる100歩のトップページに戻る

コメントする

執筆者・坪田多佳子プロフィール

1963年東京生まれ。ライター、小論文及び国語科専門プロ家庭教師。
「シアワセ感じる100歩。」は、2007年4月から2009年3月、朝日新聞の姉妹紙「RAKU(楽)」に掲載し、好評を得た。現在は「YOUよっかいち」の紙面と伊賀タウン情報YOUホームページで連載中。
日常生活で見つけた小さなシアワセをテーマに「~を楽しむ。」と題して1か月に1歩ずつ歩み続け、「100歩。」達成を目指す。
YOU紙面へはピンクリボンの記事も出稿。
趣味は読書、料理、英会話。インターネット上で、日本マニアの外国人に日本語を教えたりもしている。
家族は夫、息子、娘。松阪市在住。